サイトの目的

mask02_a08

当サイトでは現役薬剤師である管理人が患者数が増加している現代病であるアレルギー性鼻炎にしぼって最新の情報をご案内していきたいと思います。

医師や薬剤師の方がご覧いただくことを想定して専門用語等も利用するかもしれませんんがあらかじめご了承ください。

現役薬剤師

花粉症の薬物療法

mask02_a08

花粉症においては抗原回避と薬物治療が中心となる.

受診の時期や花粉飛散量に応じ,個々の症例に最も適した薬物,または薬物の組み合わせを見つけることが肝要である.

花粉症に対する薬物療法としては,症状が出る前から治療を開始する初期治療,症状が強くなってから治療を始める導入療法,良くなった症状を維持するための維持療法がある.

患者の持つ感受性,反応性を考慮した上で,治療開始時期や使用薬剤を決定することが大切である.

しかし,個人の過敏性を知る確立された手段はなく,患者が来院する時期およびその症状に適合した方法をとるのが現時点での選択となっている。

小児では成人に準じた薬物治療を行うが,適応と剤形さらには適応年齢の問題があるため注意を要する.

<続く>

現役薬剤師

花粉症治療の実際

mask02_a08

花粉症は発作性,反復性に見られるくしゃみ,水様性鼻汁,鼻閉を三主徴とする鼻粘膜のI型アレルギーである.わが国におけるスギ花粉症の有病率は26.5%と増加しており,若年発症が多くかつ自然寛解率が低いため,社会問題となっている.

スギ花粉症では,鼻・眼の症状だけでなく,睡眠障害や労働生産性の低下も指摘されており,疾患の長期経過を見据えた治療戦略を立てる必要があり,症状を抑制するだけでなく患者のQOLの向上を重視した治療法の選択が重要である.

花粉症の管理・治療のエンドポイントであるが,自然寛解が少なく治療は長期間に及ぶことが多い点を考慮すると,花粉症患者のニーズは短期的な症状の緩和であったり,長期的な寛解であったりそれぞれ大きく異なる.

一般的に,多少のくしゃみや鼻汁などの症状は残っても日常の生活上の支障とならない状態を維持できることが治療の目標となる.

<続く>

現役薬剤師

アレルゲン特異的免疫療法 2

mask02_a08

アレルギー性鼻炎に対しては,さまざまな薬剤が開発されているが,根治を期待できる治療は現在においてもアレルゲン特異的免疫療法以外には存在しない.

以下に免疫治療のエビデンスを記載する.

2.皮下免疫治療(Subcutaneous immunotherapy : SCIT)

SCITは約100年前より施行されておりHDMおよびネコ抗原において有用性が確認されている.

ネコ抗原においては用量依存性が立証されている.

3.SLITとSCITとの比較

HDMの減感作治療においてSLITとSCITとの比較をしている報告はまだ少なく,結論には至っていない.

Tahamilerらは,193人のHDMアレルギー性鼻炎患者をSLIT群(97)とSCIT群(96)に無作為に振り分け3年間治療し,治療終了後3年間経過観察をした.

その結果,両群ともに治療前より有意に臨床症状が改善したが,SCIT群において有意に治療効果が高く,治療終了後の症状再燃も軽度であった.

有害事象では全身反応は両群で認めず,SCITでは局所皮膚反応が7.4%で認められ,SLITでは口腔痛感が48%に認められたと報告している.

今後のエビデンスの蓄積に期待したい.

<続く>

現役薬剤師

アレルゲン特異的免疫療法

mask02_a08

アレルギー性鼻炎に対しては,さまざまな薬剤が開発されているが,根治を期待できる
治療は現在においてもアレルゲン特異的免疫療法以外には存在しない.

通年性アレルギー性鼻炎の治療では,通院治療が長期にわたるため,わが国のガイドラインでも軽症から重症まで全ての患者に推奨されている.

現在は皮下投与が中心であるが,欧米では舌下エキスが使用され,スギアレルゲンに対しては2014年度にわが国でも上市予定である.

ハウスダスト,ダニに対する舌下免疫治療に対する臨床治験も現在進行中である.

舌下投与では皮下投与に比べ有害事象,特に全身性の有害事象が少ないことが報告されており,今後主流となる可能性がある.

以下に免疫治療のエビデンスを記載する.

1.舌下免疫治療

コクラン共同計画のシステマテイックレビューにおいて,通年性アレルギー性鼻炎に対するSLITの効果が確認されている.

Standardised mean differense(実薬群とプラセボ群の平均値の差を標準偏差で割った値)でsymptom scoreが-0.93.symptom medication scoreが-0.43となっている.

小児においては有効性を示す報告と有効性を否定する報告があり,評価が確立されていない.

<続く>

現役薬剤師

抗ロイコトリエン薬

mask02_a08

ロイコトリエンは血管拡張作用や血管透過性充進作用があり,アレルギー性炎症の鼻閉に関与する.

抗ロイコトリエン薬は即時相および遅発相の鼻閉を改善し,抗ヒスタミン薬よりも鼻閉に対する効果が高い.

このため,鼻閉型のアレルギー性鼻炎に対して有効である.

また,鼻炎に合併する喘息症状を改善する効果もあり,最近のNew England Journal of MedicineのClinical Practiceでも,喘息に鼻炎が合併するときには,吸入ステロイド
薬より抗ロイコトリエン薬が第一選択薬となっている.

喘息との診断がつかない場合でも,アレルギー性鼻炎の患者は下気道に炎症が存在することが報告されている.

もちろん呼吸器科で喘息など下気道疾患を除外してもらうことが先決ではあるが,咳がなかなか取れないようなアレルギー性鼻炎患者は,本薬剤の良い適応と考える.

現役薬剤師