アレルギー性鼻炎の自然経過

mask02_a08

アレルギー性鼻炎の長期にわたる自然経過の検討の報告は少ない。

京都府下で1994年から2008年に同一小中学校の生徒を対象として、毎年5月中旬に行われた調査では、13年間にダニ、スギ花粉に対する感作率はそれぞれおおよそ34から41%、39から52%へと増加し、スギ花粉症の有病率も9~13%から25~29%へと増加していた。

1995年から2007年まで実施していた千葉県丸山町での40歳以上の住民を対象とした経年的なアレルギー性鼻炎の疫学調査は、性・年齢構成を考慮したものではないが、700余人の同一住民の10年を超える長期間の検討である。

その結果、ダニ・ハウスダストに対する感作、有病率は40歳以上では加齢とともに減少するが、スギ花粉に対するIgE抗体産生は花粉飛散量に影響を受け、飛散が多い年には40~70代でも感作率、有病率の増加が認められた。

また、これらの中高年者で、大量のスギ花粉飛散が見られた1995年から2005年までの10年間でのスギ花粉症の症状を比較すると、自然寛解が見られる一方で、新規発症も確認され、中高年者でのスギ花粉症の増加を証明する結果であった。

特にスギ花粉抗体陽性者では60代でも70代でも大量の花粉飛散の曝露を受けると抗体価が上昇し発症する危険性があること、また、抗体陰性者でも40代までは感作陽性化、発症の危険性も高まることが示された。

ただ、50歳以上の抗体陰性者では大量の花粉を浴びても抗体獲得の危険性は少ないものと考えられた。

現役薬剤師